8月8日付の外食日報は

●「肉天丼」はなぜ生まれ、人気シリーズに育ったのか

テン コーポレーション開発担当者へのインタビュー最終回。「肉天丼」シリーズの商品を展開してきたことで、「天丼てんや」(以下「てんや」)チェーン全体に与えるプラス効果としてどのようなものが出てきたと捉えているのだろうか。「何事もチャンレジして取り組んできているので、利用客の方からもいろいろな期待をされていることがみてとれる。『てんや』は次に何をやってくれるのか、という期待感を持たれる流れになってきているのではないだろうか」

●日本マクドナルド 東京・大阪対決のキャンペーン開催

日本マクドナルドは全国の「マクドナルド」(一部店舗は除く)で9日から、「マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!」と題したキャンペーンを9月上旬までの予定で実施する。地域により「マクドナルド」の愛称が異なる点に着目。愛称同士を新メニューのおいしさで対決させる趣向となる。対象メニューはバーガーをはじめ朝マック、ドリンクなど幅広く、SNSや動画も活用し、キャンペーンを盛り上げていく。
●サッポロライオン クラフトビールシリーズで新作

サッポロライオンは9日から、銀座4丁目交差点で運営する「銀座ライオン GINZA PLACE店」の地下1Fフロア「ブラッスリー」でしか提供していないクラフトビールのシリーズ「Craft Label SECRET TAP-銀座コレクション-」で新商品〈グレープフルーツ&オレンジIPA 樽生〉(グラス税別900円、パイント同1100円)を数量限定販売する。第7弾として人気のIPAタイプを投入し、クラフトビール好きに強く訴求。10日から名古屋の店舗でも取り扱う。

2017/08/08