5月17日付の外食日報は

●ワタミ 国内外食事業で収益改善の取り組み継続

ワタミは今期(19年3月期)、国内外食事業で収益力回復への取り組みを推進する。前期に業態転換などの成果が表面化して事業損益が5期ぶりに黒字化。業績も大幅増益としたが、「会社としてスタートラインに立つことができた」(清水邦晃社長)とし、今後の再成長に向けて引き続き収益改善に取り組む段階にあると位置付けている。

●サンマルクHD 安定出店と既存店強化で利益回復へ

サンマルクホールディングスは今期(19年3月期)、安定的な出店と既存店強化を進めて利益回復を目指す。併せて中期での継続的な収益成長に向けた種まきも行っていく方針から、新業態の開発、育成も推進する。

●ロイヤルホスト 20年ぶりにシンガポールフェア開催

ロイヤルホストは16日から6月下旬まで、シンガポール政府観光局とシンガポール航空が協賛する「シンガポールフェア」を「ロイヤルホスト」215店舗で展開する。シンガポール航空の日本就航50周年と、ロイヤルグループの機内食事業がシンガポール航空に機内食を提供して30周年の節目となることから企画した。シンガポールフェアは20年ぶりとなる。今回のメニューは、シンガポールのレストランに視察に行き、

2018/05/17