7月12日付の外食日報は

●曜日限定のアプローチが相次ぐ

特定の曜日に限定して特別なメニューの販売や割引特典の提供を行う「曜日別アプローチ」が外食産業で相次いでいる。比較的売れる、売れないといった曜日の特性に合わせた施策が講じられ、毎日の日替わりメニュー展開などと比べて狙いが絞り込まれているのが特徴。成果も出ている状況から、取り組みが勢いづくかどうか注目される。

●フジオフードS ラーメン業態育成へ

「まいどおおきに食堂」や串揚げビュッフェ「串家物語」などを展開するフジオフードシステム(以下「フジオフード」)は、ラーメン業態の育成に取り組む。10日付で株式の90%を取得して子会社化した「株式会社サバ6製麺所」運営のラーメン店「サバ6製麺所」を、国内、海外を含めて拡大する方針。M&Aを成長戦略の一つとする同社にとってラーメン業態の取得は初で、グループの業態ポートフォリオ拡充といった観点からも「(ラーメンは)以前からほしいと思っていた」(フジオフードシステム)業態になる。

●コロワイドMD、8月に焼肉の新ブランド立ち上げ

コロワイドグループのコロワイドMDは8月9日、東京・青山に、新ブランドの隠れ家レストラン「焼肉 USHIDOKI TOKYO」をオープンする。日によって産地や銘柄、ランクなどを選定して仕入れた肉を、食べごろまで熟成させて提供する。メニューは、肉の上に雲丹(ウニ)をのせた〈とろける和牛USHIDOKIユッケ〉税抜2780円や、韓国料理をアレンジした〈名物!干しダラのスープ〉同800円、〈旬の国産フルーツのサワー〉同800円などの提供を予定。

2018/07/12