8月8日付の外食日報は

●コロワイドMD 焼肉の高単価業態育成へ

コロワイドグループのコロワイドMDは、高価格帯の焼肉業態を育成する。9日には、「グループで1番アッパーなブランドになる」(コロワイド)という新業態「焼肉 USHIDOKI TOKYO」を東京・表参道にオープンし、今後の店舗展開を視野に検証を進める。「大量出店のブランドではないと考えているが、まずは1年ぐらいかけて育てていく」とし、「一方で立地は探しているので、例えば六本木や恵比寿、銀座など、いい物件が出てくれば出店も検討する」としている。

●牛丼大手の7月売上出そろう、すき家と吉野家が増

牛丼チェーン大手3社の7月売上が出そろった。速報ベースでは天候面も影響するなかで増減まちまちの状況となったが、メニュー提案には各社とも成果を上げており、各社は8月も商品関連の施策を講じて臨んでいる。

●サッポロL 神奈川・川崎駅前に2フロア型の「銀座ライオン」

サッポロライオンは13日、神奈川・川崎の川崎駅前に「銀座ライオン」ブランドの新店舗「ビヤレストラン 銀座ライオン 川崎駅前店」をオープンする。2フロア仕立て、従来より小さいグラスで提供も始めるなどの特徴を持たせた店となる。近隣住民やオフィスワーカー、駅や商店街を利用する人が気軽に立ち寄れる店を目指す。

2018/08/08